新入生の歓迎会

今日(2020/5/26)青野小学校の「一年生を迎える会」でした。
休校が続いていて、学校が始まったのは昨日から。
屋内での行事を避けて、地域の施設などを上級生が案内して回るオリエンテーリング。
葡萄浪漫館にも訪れていただきました。

中止決定、ぶどうの里マラソン大会

今年の「ぶどうの里ふれあいマラソン大会」は、9月20日(日)に開催される予定でした。
しかし、新型コロナウイルス感染症の不安が払拭できないため、中止することになりました。
全国からたくさんのランナーを迎え、青野地区外からも多勢のボランティアスタッフの協力があり、地元住民のほとんどが準備段階から何らかの形で関わるという、小さな田舎町にとってとてつもないビッグイベント。
これまで28回を数える大会では、開催が危ぶまれる事態に何度か遭遇しながらも、参加されたランナーのみなさまはじめ、地域内外からたくさんのご支援ご協力があって続けてくることができました。
あらためて感謝申し上げます。そして、次回開催のときにも、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

幻のhoshioto’20まで一週間

会場の予定地は、初夏の陽射しで爽やかー!
森の小径はすがすがしい空気に溢れ、広場には子ども達の声。
今年は毛虫がほとんどいない森の中、積み上げられたパレットが空しい・・・


hoshioto’20 → 公式サイト Twitter

ちょっぴり日常が、

戻りつつあるような・・・。
広場に子ども達の声が響くと、なんかウキウキ、うれしくなりますね。
井原市は、来週から学校が再開されます。
元通りとはいかないでしょうが、はやく普通を取り戻したいですね。

葉たばこ栽培

今日(2020/5/23)の山陽新聞から・・・

青野地区だけでも200戸近い栽培農家があったもんなぁ。
ここ60年の間に、たばこ畑はぶどう畑に変わっていき、高齢化による廃業などもあって、葉たばこ農家は消えました。

昭和50年代に入ると、ぶどうと葉たばこの栽培面積が入れ替わり、そこからぶどう産地として伸びてきました。
春先には白い三角キャップが畑一面に広がり、初夏になるとあちこちの乾燥場から煙が立ち上り、農村の風物詩とも言える風景を伝えていました。
↓ 昭和50年代半ばの葉たばこ栽培

中庭のぶどう ’20

おー、はよ岐肩を落とさねば(~。~;
今年は、ちょっと小さめの花穂。去年、働き過ぎかもね。

青野浪漫ちゃん、ドラマ出演

本日、5月17日午後9時放送。
青野浪漫ちゃんこと、坂口采香弁護士が監修に関わって出演もしてるドラマ、今夜放送です。
詳報 → テレビ朝日のドラマスペシャル『家栽の人』