無念の作戦中止!

令和2年11月29日(日)開催予定としていた「あたごっち大作戦」を、取りやめることとしました。
現況のコロナ禍においては、「あたご梨」「あたご柿」の切片を試食に提供することや、参加各団体・グループの飲食を伴う出店(展)など安全性確保が難しく不安を払拭できないことから、今年は「あたごっち大作戦」を中止いたします。

ご期待いただいていたお客様、ご心配いただいていた関係各方面のみなさまにお詫びと感謝を申し上げます。
また再開のそのときには、引き続きよろしくお願いいたします。

サプライズ花火


青野地区内には直前にお知らせが流れていたので、思い思いの場所から、多くの住民が夜空を見上げて歓声を上げていました。って、それ、サプライズかー?というツッコミは無しヨ!

【後日談】井原市街地の方では、いきなり響いた花火の音に、家から飛び出してキョロキョロした人も多かったとか。

分散出荷を推奨

出荷者のみなさんに、朝一番で出荷数の全量を持ち込まないよう、お願いしています。
売れ残らないよう、なるべく早くたくさん売場に並べておくのが直売所における販売戦略の常識ですが、敢えて何回かに分けて時間分散で持ち込むよう呼びかけています。少しでも「密」を避けるために。
なので、10時30分頃からはこんな感じになっています。↓

屋外売場 11時30分過ぎ(2020/9/21)
館内 11時30分頃(2020/9/21)

朝一番の大行列と違って、のんびりしています。その大行列も、10時過ぎにはほぼ解消しています。「レジを増やせ!」の声もお聞きしますが、この時間なら余って・・・いや、この時間以降終日余りかえっています。

怒濤の一週間

とんでもなく暑い日が続いたお盆期間、多くのお客様にご来館いただき、ありがとうございました。
できる限りコロナ対策に取り組んだつもりでしたが、後手に廻る対応も数々あり、この期間においでいただいたお客様にはご不便ご迷惑をおかけして、大変申し訳ありませんでした。

少し晴れ間が

出ただけで、暑さが堪える~ ~~;
屋外売場の体裁が、どうにか形になってきました。
館内の密集を避けるための対策ですが、これで万全というわけでもありません。
これから本格的なぶどうシーズンに向けて、館内もレイアウトを変えながら対応していきます。

持続化給付金

申請してから10日ほどで振り込まれました。申し込み時に問い合わせしたフリーダイヤルはすぐ繋がり、丁寧に応対していただきました。
当館の財務諸表は、農産物直売事業がメインで解りにくい(説明しづらい)ので、「これでもか」というくらいあれやこれや帳票を添付しました。

4月以降のイベントが、当館だけでなく、周辺地域の小さなお祭りや寄り合いまで軒並み中止・延期で、4月期の売上は例年の40%を割り込みました。
そうでなくとも人出の少ない田舎にあって、人の動きが極端に減ったおかげを、まともに喰らいました。5月はもっとひどい感触が・・・(/_;
さて、ぶどうシーズンが迫ってきました、新型コロナ禍の影響に恐々としている今日この頃・・・

幻のhoshioto’20—当日

朝から公式ツイッターには、あたかもhoshioto会場に向かっているかのような、報告が、続々と呟かれています。
#妄想hoshioto ってタグ付けて・・・・
たくさんの人に愛されているフェスなんだと、しみじみ実感しています。
現地には、メインスタッフの何人かが、昨日からキャンプしています。
満天の星空に、わずか薄~い雲がかかっていました。

新入生の歓迎会

今日(2020/5/26)青野小学校の「一年生を迎える会」でした。
休校が続いていて、学校が始まったのは昨日から。
屋内での行事を避けて、地域の施設などを上級生が案内して回るオリエンテーリング。
葡萄浪漫館にも訪れていただきました。