「葡萄浪漫館」プロジェクト

午後、お客様やぶどうがやや少なくなってから、青野小学校の子ども達が見学に来ました。
3年生と4年生の総合学習で、葡萄浪漫館について調べたり実践学習に取り組んだりするそうです。
これが“「葡萄浪漫館」プロジェクト”、10月まで続きます。


施設内を一巡した後は、浪漫館スタッフによる業務内容やイベントなどについてお話し会。
純粋でストレートな質問って、分かってもらえる答え方、意外と難しいですね。

シーズン到来

初出荷から半月経った日曜日。
やっと、ぶどうのシーズンらしくなってきました。


雲は多めながらも、雨はなさそう。今夜は七夕、星空になるといいですね。

hoshiotoレポート

山陽新聞、今朝の朝刊にhoshioto’19の取材レポートが載っています。


豪雨復興イベント「大将フェス」、本日午後からです。
hoshiotoスタッフが協力しています。浪漫館もささやかにお手伝い(機材提供)・・・

晴れ間は久しぶり

やっとお日様が顔を出してくれました。お久しぶりー!
お客様に対して出荷数量が少なめ。天候が回復すると、どんどん増えてきます。

地物の野菜は美味しいですよ-! 花もあります。

たくさんの感謝を込めて

入場無料。地元有志の方々や仲間による屋台。
復興を支えた音楽仲間のライブ。そして、目の前の河原で打ち上げ花火。
場所は → ここ

Ai+Tani CHAMPLOOは7月7日七夕の日がオープン記念日。
昨年、その記念日当日の未明、目の前を回流する小田川の濁流が越水、古民家を改装した店舗を呑み込んだ。

豪雨災害復興イベント


「7月6日」が忘れられない日となって、もう1年。
昨年の西日本豪雨で被災された方達が主催(出演も?)されるライブイベント「大将フェス」。
詳細は ↓ をご覧になってください
ブログ「hoshiotoへの道」 ←hoshioto関係者が支援されています
以下は出演者される方のツイート
みおあわつばささん
大平伸正さん

豪雨からの復興

あれから一年が経とうとしています。
豪雨災害の検証や復興などやいろいろと報道もされている最中、九州地方がまたまた豪雨に見舞われて・・・心が痛みます。

復旧も復興も、そう簡単ではないようですね。
市街地から、ここ青野地区に繋がる主要県道291号は、片側交互通行のまま。

それどころか、井原市を東西に走る幹線道の国道486号線も、未だ片側交互通行のままだもんね。
西江原町賀山地区は、市街地まで5分とかからない生活道が、土砂崩れで通行不可のまま。迂回路は、北上西走で青野町葡萄浪漫館付近を経由して南下、5kmほど遠回りになります。孤立してるわけじゃないけど、通勤、通学、緊急車両など不便でしょうね。
当たり前と思っていた日常が戻るには、もう少しかかりそうです。

雨じゃ~!

ぶどうが出始めて、早2回目の日曜日。
開店時間にあわせるかのように、ザァーザァー降りの雨!?
アメニモマケズ多くのお客様に恵まれています。感謝!です。

小学生の「町たんけん」

青野小学校の2年生9名が、「町たんけん」という授業で、葡萄浪漫館にやって来ました。
家族と一緒に来たとか、ぶどうを作っている家の子がいたりなど、すでによく知っている場所のよう。
それだけに、普段は聞けない内容のお話しに、目を輝かせていました。

宅配についてのお知らせ

いつも葡萄浪漫館をご利用いただきましてありがとうございます。

大阪市内にて「G20サミット」が開催されることに伴い、大阪府内で大規模な交通規制が行われる影響で、関西地方の一部地域宛のお荷物の荷受けを中止いたします。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

①対象地域

大阪府(全域)

兵庫県(芦屋市、尼崎市、伊丹市、西宮市)

②期間

6月26日(水)から7月1日(月)