葉たばこ栽培

今日(2020/5/23)の山陽新聞から・・・

青野地区だけでも200戸近い栽培農家があったもんなぁ。
ここ60年の間に、たばこ畑はぶどう畑に変わっていき、高齢化による廃業などもあって、葉たばこ農家は消えました。

昭和50年代に入ると、ぶどうと葉たばこの栽培面積が入れ替わり、そこからぶどう産地として伸びてきました。
春先には白い三角キャップが畑一面に広がり、初夏になるとあちこちの乾燥場から煙が立ち上り、農村の風物詩とも言える風景を伝えていました。
↓ 昭和50年代半ばの葉たばこ栽培

新緑の色彩

新緑の季節、ここから見渡すだけでも萌ゆる山の色は、彩り豊か。
萌葱色って、この幅広い色彩範囲をさすのでしょうか。


新緑の中にぶどう畑と民家が点在、青野の春、もうすぐ初夏。